キャバ嬢のドリンクは別料金

キャバクラの料金について

キャバクラとドリンク

キャバクラに行く時は、十分な資金を準備してから行きましょう。

よくキャバクラで○○円ポッキリというような宣伝文句を見ますが、あれはあくまでも1セット(店によっても異なるが1時間程度)あたりの基本料金となります。

キャバクラではそうした基本料金以外にも、ドリンク料金や指名料金といった出費があります。

ドリンク料金なんてたかが知れてるでしょ?と思う人もいるかもしれませんが、キャバクラのそれは居酒屋や喫茶店よりも相場が高めです。

何杯も注文をしていると、基本料金よりも高くなる事はほぼ間違いありません。

かといって、ドリンクを頼まずに遊ぶことも簡単にはできません。

客の注文はキャバクラ嬢のバックとなりますので、女の子は「何か飲みませんか?」と聞いてきます。

それを断わり続けるというのは難しいと思いますし、またどことなく雰囲気も重くなりトークが弾まなくなることも。

1人につき1セット1杯は、計算しておかないといけないでしょう。

このようにキャバクラでは○○円ポッキリの店でも、ドリンク料金は別となっている事がほとんどです。

ポッキリの金額だけ聞くと安く感じるかもしれませんが、キャバクラ初心者の方はそれだけでは済まないという事を肝に銘じておきましょう。

 

キャバクラ嬢の分も

キャバクラのドリンクは別料金となります。

インターネットカフェのように、場所代さえ払えば飲み放題というわけではありません。

またドリンク代は自分が飲む分だけではなく、キャバクラ嬢の分も負担をしなくてはいけません。

何で客が、と思うかもしれませんがそれがキャバクラというものです。

ある程度、人を選ぶ遊びと言えるでしょう。

またキャバクラは、女の子に触ることができるわけではありません。

厳密にはキャバクラ嬢からボディタッチをされる事もありますが、客からのお触りは原則的にNGとなります。

グラスを受け渡しする時に手が触れたりする程度なら咎められる事はありませんが、明らかにセクハラと言える行為の場合は出禁になる可能性もあります。

どうしてもそういう事がしたいのなら、セクキャバと呼ばれる店に行きましょう。

セクキャバは、通常のキャバクラでは禁じられているお触りサービスのあるキャバクラです。

そのためセクキャバの方が高額というイメージもありますが、店や遊び方によっては通常のキャバクラよりも安く抑えることができます。

会話重視の通常のキャバクラか、会話だけではなくお触りのあるセクキャバか。

どちらの方が優れているというものでもありませんので、好みの方を選びましょう。